日立、AIやIoTを使って配送計画を最適化するサービスを提供

サービスの配送計画管理画面のイメージ
サービスの配送計画管理画面のイメージ全 2 枚写真をすべて見る

日立製作所は2月28日、AIやIoTなどの先進のデジタル技術を物流業務に活用して実効性の高い配送計画を立案する「日立デジタルソリューション・フォー・ロジスティクス(配送最適化サービス)」を、4月1日から日本、中国、タイで提供開始すると発表した。

新たしいサービスでは、配送計画の立案にあたって納品日時、物流センター・拠点位置、走行ルート・時間、渋滞、積荷・滞店時間、車格、ドライバー条件などを全て変数化するとともに、熟練者の経験を取り入れた日立独自のアルゴリズムを用いたデータ分析によって効率的な配送計画を自動で立案する。AIの活用に加え、計画立案のロジックに熟練者の経験を反映させることで、熟練者のノウハウに依存することなく、高速に計画立案が可能としている。

配送車の走行記録をGPSで取得し、データ連携させることで、自動で配送実績を作成できる。サービスの画面上で、配送計画と実績の比較を見える化する。日立がこれらのデータを分析し、計画立案に関わる条件設定に反映することで、配送計画の精度向上も支援可能で、今後、利用者が改善するためのAIを活用した分析機能も追加する予定。

オープンなIoTプラットフォームを活用、すでに利用しているシステムのデータや他社サービス、オープンなデータとも連携が可能で、ニーズに合わせた環境をスピーディ、柔軟に提供する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 移動データに関する国際標準と適用事例
  • トヨタ・プリウスPHV(参考画像)
  • 本町山中有料道路でのワンストップ型ETCの社会実験(概念図)
  • MaaSアプリ「Hitachi City MaaS Project」
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ