動画でわかるハーレーの車載インフォテインメントシステム…最新バイクはここまでできる

BOOM! BOX GTS
BOOM! BOX GTS全 6 枚写真をすべて見る

スマートフォンと繋がり、車載のタッチパネルではいろいろなことができるが、すぐには理解不能。

「ええぃ、最近のバイクはよくわからん!」

そんな声が聞こえてきそうだ。80年代のバイクブームの頃からオートバイに乗るお父さんライダーには、正直なところ最新バイクの先進装備はイマイチよくわからないのかもしれない。

最新モデルに普段から接している筆者も、ニューモデルが出るとメーカーの広報担当者に何度も説明してもらい、ようやく少しだけ理解できる。すぐにわかる方がおかしい。

最新モデルでは、武骨で荒々しいイメージのハーレーダビッドソンにも、先進的なインフォテインメントシステムが備わり、ついには「Apple CarPlay」対応ときた。

簡単に説明すると、車載画面とスマートフォンが繋がり、音楽再生ができるだけでなく、iPhoneとハンズフリーマイクを接続すれば、車載ディスプレイ上で対応アプリが操作でき、道案内、電話、メッセージの送受信などができてしまうのだ。

特にナビゲーションのアプリはバイクの場合、ありがたい。最新のiOS12ではiOS標準マップアプリに加えて、Googleマップも使える。アプリは車体のスイッチでも操作できるし、Siriを使って音声でおこなうことも可能。バイクもついにここまできた。

言葉で説明しても、やはり難しい。ハーレーダビッドソンジャパンは最新のインフォテインメントシステム「BOOM! BOX GTS」のイメージムービーを公開している。なるほど一目瞭然、便利さ、スマートが伝わってくるではないか。

《青木タカオ》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ CB650R
  • カワサキNinja ZX-6Rレース専用モデル
  • ランド リンク コンセプト(世界初公開・特別出展物)
  • ヤマハがバイクレンタルの次に仕掛ける「キャンプ用品レンタル」のねらいとは
  • ヤマハ SR400 40th アニバーサリーエディション
  • ヤマハ MT-03 新型
  • ヤマハ YZF-R25/R3 開発者インタビュー
  • 浅草・雷門前を走るドゥカティDIAVEL1260S

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/03/319689.html/article/2019/03/03/319688.html/article/2019/03/03/319690.html