【モースポフェス鈴鹿】WRCパフォーマンスでヤリスの飛行距離は?

モースポフェス2019 WRCストレートパフォーマンス
モースポフェス2019 WRCストレートパフォーマンス全 31 枚写真をすべて見る

モースポフェス鈴鹿では様々なパフォーマンスが行われたが、トヨタ「ヤリスWRC」はこんなに飛ぶのか、というほどの大ジャンプを見せ、観客の度肝を抜いた。

モースポフェスでは、WRCに参戦しているヤリスと、レジェンドラリーカーのSUBARU(スバル)「インプレッサWRC ‘98」が、WRCストレートパフォーマンスと称して、鈴鹿サーキットのホームストレートをところ狭しと走り回り、特にヤリスは特設ジャンプ台からの大ジャンプを見せ、観客の度肝を抜いた。

ヤリスをドライブしていたのは、現在ヤリスWRCの開発責任者とも言える、トミ・マキネン氏。鈴鹿サーキットの最終コーナーまでマシンを下げかなりの助走距離を取り、勢いよくジャンプ台を超えると、どこまで行ってしまうのだろうというほどの飛距離を飛び、それでもマシンは壊れることなくその後もドーナツターンを見せるなど、元気いっぱいのパフォーマンスを見せた。

《雪岡直樹》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  3. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  4. 【洗車機の謎 Vol. 1】えっ、トヨタ『WiLL-Vi』が洗車機を破壊するってホント!?
  5. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  6. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
  7. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  8. ランボルギーニ『カウンタックLP500』、1台限りで甦る…シェイクダウン完了
  9. 【トヨタ ランクル GRスポーツ 試乗】新たに搭載された2つのオフロード最新技術が凄い!...九島辰也
  10. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
ランキングをもっと見る