アウディ A3 の天然ガス車、「g-tron」に改良新型…航続400kmに拡大

アウディ A3 スポーツバックg-tron 改良新型
アウディ A3 スポーツバックg-tron 改良新型全 7 枚写真をすべて見る

アウディは3月7日、『A3スポーツバック』のCNG(天然ガス)仕様車、『A3スポーツバックg-tron』(Audi A3 Sportback g-tron)の改良新型を欧州で発表した。

アウディは、CNG(天然ガス)車のラインナップに積極的な自動車メーカーのひとつだ。欧州ではg-tronのシリーズ名を冠し、『A4アバント』や『A5スポーツバック』などにg-tronを用意している。

A3スポーツバックg-tronの改良新型には、新開発の直噴1.5リットル直列4気筒ターボ「TFSI」エンジンを積む。シリンダーヘッド、ターボチャージャー、燃料噴射システム、触媒コンバーターなどが改良を受けた。最大出力は131hpを発生する。トランスミッションは7速「Sトロニック」を組み合わせた。

アウディ A3 スポーツバックg-tron 改良新型改良新型の特徴が、CNGタンクの追加による航続の延長だ。従来、2個搭載されていたCNGタンクを、改良新型では3個に増やした。これにより、CNGだけでの航続は、WLTPモードでおよそ400kmに拡大した。また、ガソリンタンクも備えており、航続をさらに伸ばせる。

環境性能は高く、100km走行するのに必要なCNGは、3.5kg、CO2排出量は95~96g/kmだ。ドイツ本国でのベース価格は、3万6600ユーロ(約455万円)と公表されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディのドイツ・インゴルシュタット工場の生産ライン
  • アウディA3スポーツバック新型の Sライン
  • アウディ A3 スポーツバック 新型
  • アウディ RS3 セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ グランドチェロキー 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ