海を想う姿勢を一人でも多くの人に知ってほしい! ドゥ・ラ・メールの取り組み…ジャパンボートショー2019

ブランドの歴史などをボートショー会場で紹介。
ブランドの歴史などをボートショー会場で紹介。全 7 枚写真をすべて見る

高級コスメティックブランド「ドゥ・ラ・メール」がジャパンインターナショナルボートショー2019(ジャパンボートショー2019)にブースを出展し、製品と自社の取り組みを来場者に紹介した。

海の恵みシーケルプ(海藻)を原材料に、世界中で愛される高級コスメティックブランド「ドゥ・ラ・メール」。「日本ではマリンレジャーというと男性中心というイメージが強かったかもしれませんが、最近では女性でもマリンレジャーを楽しまれる方が増えております。そんなアクティブな女性の肌を、海上の紫外線や風などの過酷な環境からも守るドゥ・ラ・メールを紹介しています」とドゥ・ラ・メール担当者は話す。

もともと海藻を原材料として誕生したドゥ・ラ・メール。マリンアクティビティでの機能面だけでなく、海を愛し、海の恵みに感謝する姿勢もマリンレジャーファンにPRする。

ブースではその製品の成り立ちや、ブランドの特徴のクイズを出題。それにこたえて正解するとクレーム・ドゥ・ラ・メールのサンプルがもらえるコンテンツも展開している。

さらに、6月8日のワールドオーシャンズデイに、海洋自然保護活動(ブルーハートキャンペーン)の一環として、神奈川県葉山町の一色海岸でビーチクリーン活動を実施することがアナウンスされた。

《中込健太郎》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャパンボートショー2019(パシフィコ横浜)
  • ジャパンインターナショナルボートショー2019
  • ヤンマー ブースイメージ
  • 日本マリン事業協会の柳弘之会長と2020ミス日本「海の日」の森谷美雲さん
  • メルセデスベンツ EQS プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ