アプリリア RSV4 1100ファクトリー、日本初公開へ…東京モーターサイクルショー2019

アプリリア RSV4 1100ファクトリー
アプリリア RSV4 1100ファクトリー全 2 枚写真をすべて見る

ピアッジオグループジャパンは、3月22日から24日まで東京ビッグサイトで開催される「第46回 東京モーターサイクルショー」にて、アプリリア『RSV4 1100ファクトリー』を日本初公開する。

RSV4 1100ファクトリーは、レーシングマシン直系のエアロウィングレットを、アプリリアのファクトリーモデルとして初採用。また、排気量を1078ccに引き上げ、最大出力217hpm、最大トルク12.4kgmを発揮する。また、そのネイキッドモデルとなる『トゥオーノV4 1100ファクトリー』も電子制御サスペンションを新採用して日本初公開する。

そのほか、2018年に導入を開始した本格オフロードモデル『RX125』と、導入間もないモタードバージョン『SX125』もあわせて展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • KTM 1290スーパーデュークGT
  • ドゥカティ スクランブラー アイコン
  • スズキ GSX-R1000R ABS トリトンブルーメタリック
  • ヤマハ・ライディング・アカデミー、インストラクター伊集院忍さん
  • LPL(開発責任者)筒井則吉氏(写真右)とLPL代行・吉田昌弘氏。
  • ドゥカティ ディアベル1260S
  • ホンダ 400X 新型
  • ホンダ CB650R 新型

ピックアップ