日産、e-POWER導入市場を拡大…アジアとオセアニア販売の4分の1を電動化へ

日産 セレナ e-POWER ハイウェイスター V
日産 セレナ e-POWER ハイウェイスター V全 2 枚写真をすべて見る

日産自動車(Nissan)は3月9日、アジアとオセアニアでの新車販売の4分の1を電動化する新たな戦略を発表した。

この新戦略において、重要な役割を担うのが、「e-POWER」モデルだ。日産はアジアとオセアニアで、e-POWER搭載車を発売する予定。e-POWERは、発電専用のガソリンエンジンに、発電機、インバーター、バッテリー、モーターを組み合わせたシステムだ。駆動には、モーターのパワーのみを使う。現在、日本国内の『ノート』と『セレナ』に、e-POWERが搭載されている。

日産は2019年、セレナの-POWERをシンガポールで発売する計画だ。日産によると、この地域で最初に発売されるe-POWERモデルになるという。

また、EVの『リーフ』も拡大展開を図る。日産は2019年、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、韓国、タイ、香港、マレーシアに、リーフを投入する予定。さらに2020年までには、インドネシアとフィリピンにも、リーフを導入する計画だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャンルカ・デ・フィッシ
  • レバノンのカスリス大学で講演するゴーン氏(9月29日)
  • 災害復旧支援コンセプトカー RE-リーフ
  • 日産ローグ(北米仕様)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV