上野動物園モノレールは3月15日に再開…車両故障からおよそ2カ月ぶり

およそ2ヶ月ぶりに復帰する上野動物園モノレールの40形。
およそ2ヶ月ぶりに復帰する上野動物園モノレールの40形。全 1 枚写真をすべて見る

東京都交通局は3月12日、上野動物園の東園~西園間0.3kmを結ぶ「恩賜上野動物園モノレール」(上野動物園モノレール)こと、上野懸垂線の運行を3月15日に再開できる見込みになったことを明らかにした。

上野動物園モノレールでは、1月24日12時15分頃に車両故障が発生。その後の点検で走行装置にある「ベアリング」と呼ばれる部分に損傷があることが確認され、修理部材の調達や修繕に時間を要していたが、3月11日には走行試験を開始していた。

故障していた上野動物園モノレールの40形車両は2両編成1本のみが在籍しているが、老朽化と車両の特殊性から次回の定期検査を機に引退が決まっており、1957年12月から運行されていた日本一短いモノレール路線は、11月1日に休止され、電気自動車などに代替される予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • くろまつ
  • 大阪モノレール
  • 秩父鉄道パレオエクスプレス
  • 『まほろば』には、写真の『こうのとり』など、北近畿方面の特急に使われている287系を充当。先頭の3両付属編成で運行される。
  • 改装が進む『山明』の外装。
  • 伊豆急線と伊東線が接続する伊東駅。Phase2では以北の熱海までフリーエリアが広がる。
  • 鈴廣蒲鉾本店へ譲渡されたモハ107号。
  • 東京都交通局から譲渡された熊本電鉄の6000形電車。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/12/320041.html/article/2019/03/12/320040.html/article/2019/03/12/320042.html