スズキ V-ストローム650/1000、カラーリングを変更 3月28日発売

スズキ Vストローム1000XT ABS グラススパークルブラック
スズキ Vストローム1000XT ABS グラススパークルブラック全 24 枚写真をすべて見る

スズキは、スポーツアドベンチャーツアラー『V-ストローム』シリーズ4機種のカラーリングを変更し、3月28日より発売する。

V-ストロームシリーズは、1988年発売の野性的で力強いスポーツアドベンチャーツアラー『DR-BIG』のDNAを継承した、シリーズ共通イメージのスタイリングで、フロントには縦型2灯ヘッドライトを採用。トルクフルなVツインエンジンを搭載し、街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングを快適に楽しむことができる。

今回の変更は、カラーリングおよびデカールのみで、主要諸元に変更はない。『V-ストローム650 ABS』および『V-ストローム1000 ABS』は「キャンディダーリングレッド」「グラススパークルブラック」「パールグレッシャーホワイト」の各3色を設定。ワイヤースポークホイール仕様の『V-ストローム650XT ABS』は「チャンピオンイエローNo.2」「キャンディダーリングレッド」「パールグレッシャーホワイト」の3色を、『V-ストローム1000XT ABS』は「チャンピオンイエローNo.2」「パールビガーブルー/パールグレッシャーホワイト」「グラススパークルブラック」の3色を設定する。

価格は据え置きで、V-ストローム650 ABSが90万7200円、V-ストローム650XT ABSが95万0400円、V-ストローム1000 ABSが140万4000円、V-ストローム1000XT ABSが144万7200円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/15/320175.html/article/2019/03/15/320174.html/article/2019/03/15/320176.html