フィスカーの電動SUV、2021年後半に発売へ…航続は約483km

フィスカーの電動SUVのイメージスケッチ
フィスカーの電動SUVのイメージスケッチ全 1 枚写真をすべて見る

ヘンリック・フィスカー氏が率いるフィスカー(Fisker)は3月18日、新型EVを2021年後半に発売すると発表した。

この新型EVは、電動SUVとなる。バッテリーの蓄電容量は、標準仕様でおよそ80kWhとなる予定だ。1回の充電で、最大およそ300マイル(約483km)を走行できる性能を備える。

また、駆動方式は4WD。前後アクスルにモーターを搭載すると見られる。米国でのベース価格は、4万ドル(約446万円)以下と、従来のフィスカーの電動モデルと比較すると、大幅にリーズナブルな価格を実現する。

さらに、この電動SUVは、フィスカーが顧客に直接販売し、メンテナンスなどのサービス体制も確立される予定。なお、フィスカーは、この電動SUVのイメージスケッチを公開している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フィスカーの新型EVのティザーイメージ
  • フィスカーの新型EVのティザーイメージ
  • フィスカーの新型EVのティザーイメージ
  • フィスカーの新型EVのティザーイメージ
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/19/320314.html/article/2019/03/19/320313.html/article/2019/03/19/320315.html