ランクル40 の再来めざす新型オフロードSUV、BMWがエンジン供給

イネオスオートモーティブの「PROJEKT GRENADIER」
イネオスオートモーティブの「PROJEKT GRENADIER」全 3 枚写真をすべて見る

BMWグループ(BMW Group)は3月18日、新型オフロードSUVを開発しているイネオス(INEOS)オートモーティブに、BMW製エンジンを供給する契約を締結した、と発表した。

イネオスオートモーティブは、スイスの化学大手、イネオスが2016年に設立した自動車メーカーだ。英国のランドローバーが生産を終了した『ディフェンダー』、トヨタが1960年に発売した『ランドクルーザー』(40系)のような、新型オフロードSUVの開発を進めている。このプロジェクトは「PROJEKT GRENADIER」と呼ばれている。

BMWグループは、イネオスオートモーティブの新型オフロードSUVに、BMW製エンジンを供給する契約を締結した。BMWのツインパワーターボ技術を備えたガソリンエンジンとディーゼルエンジンを供給する。

BMWグループはイネオスオートモーティブに供給するエンジン数について、「5桁の数字」としており、少なくとも1万基のエンジンを供給する計画だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW iX3 のティザーイメージ
  • BMW M3 セダン 新型と M4 クーペ 新型のティザーイメージ
  • BMWグループの電動車両
  • BMW 3シリーズ・セダン 新型
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ