盗まれる車、レクサスが初のワースト1位…自動車盗難事故実態調査

レクサスLX
レクサスLX全 3 枚写真をすべて見る

日本損害保険協会が3月20日発表した「第20回自動車盗難事故実態調査結果」によると、車両本体盗難の車名別盗難状況(※)で、レクサスが各モデル合計ながら前年同期実績比2.6倍の66件に増加し、調査開始以来、初めてワースト1位となった。※レクサスと輸入車はブランド合計。

レクサス車は前回調査はワースト4位だった。2017年調査まで4年連続ワースト1位だったトヨタ『プリウス』は41件でワースト2位。ワースト3位が前年ワースト2位のトヨタ『ランドクルーザー』、ワースト4位が前年ワースト3位だったトヨタ『ハイエース』で、依然として車両本体盗難の被害が特定の車種に集中している。

調査は昨年11月に全国で発生した自動車本体盗難事故のうち、調査期間内に損害保険会社17社が車両保険金を支払った事案。

車両本体盗難1件あたりの平均支払保険金は、近年増加傾向にあり、2018年調査では、361万4000円と、2017年の253万2000円と比べて大幅アップした。高額モデルの多いレクサス車の盗難が増えたためと見られる。

車両本体盗難の車名別盗難状況車両本体盗難の車名別盗難状況

車両本体盗難の発生場所は自宅(屋外)」が前年から8.8ポイントアップして48.4%だった。「契約駐車場(屋外)」も含めると、車両本体盗難の77.6%が屋外で発生している。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  2. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  3. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  4. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  5. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  6. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  7. GT-Rを生んだプリンス自動車をご存知ですか?
  8. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  9. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  10. 車に積んでおきたい防災グッズ 5選
ランキングをもっと見る