日産、フルレストアの フェアレディZ-L など展示予定…オートモビルカウンシル2019

スカイライン 2000GT-R PGC10型
スカイライン 2000GT-R PGC10型全 5 枚写真をすべて見る

日産自動車は、4月5日から7日の3日間、幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2019」に、「GT-R & Z 50th anniversary」をテーマに出展する。

オートモビルカウンシルは、「クラシック・ミーツ・モダン」をテーマに、日本車メーカー5社、輸入車メーカー1社 、ヘリテージカー販売店23社が一堂に会し、100台を超える往年の名車を最新型車とともに展示・紹介・販売する名車イベントだ。

日産ブースでは、ともに1969年に誕生し、日産の走りへの情熱を体現してきた「GT-R」と「Z(フェアレディZ)」が50年を迎えることを記念し「GT-R & Z 50th anniversary」を出展テーマとする。

発売3か月後の「JAFグランプリ」でデビューウィンを飾った「スカイライン2000GT-R」の優勝車仕様、新たに入手した最初期型の個体を約1年かけて当時の姿にレストアした「フェアレディZ-L」、2013年9月にニュルブルクリンク北コースで当時の量産車世界最速周回タイム=7分8秒679を記録した「NISSAN GT-R NISMO N-Attack Package」の3台を展示する。

これら3台のヘリテージカーのほか、今回初の試みとなる、国内メーカー4社・5ブランドが「百花繚乱 80’s」のテーマで共同出展するブースにも参画。日産ブースのテーマにも重なり合うモデルとして、平成最後の瞬間にも相応しい1989年=平成元年発売の「フェアレディZ 300ZXツインターボ」を出展する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産ジューク新型のプロトタイプ
  • UL Japan
  • AZEMSと電気自動車を活用した災害時の電力供給イメージ図
  • 記者会見する西川廣人社長
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/20/320369.html/article/2019/03/20/320368.html/article/2019/03/20/320370.html