NGK、国内二輪車向け新プラグ「MotoDX」発売へ 優れた着火性能で加速向上

NGK MotoDX(東京モーターサイクルショー2019)
NGK MotoDX(東京モーターサイクルショー2019)全 7 枚写真をすべて見る

日本特殊陶業は、国内2輪車補修市場向けスパークプラグの新ブランド「NGK MotoDX」を発表、4月中旬より順次発売を予定している。

NGK MotoDXは、D-Shape外側電極の採用により、スムーズな火炎の拡がりを実現したほか、絶縁体先端部分のサーモクリアランスの拡大により、火花リークを防ぎ、優れた着火性能をキープ。加速時のスロットルレスポンスが向上し、低~高回転域までストレス無くエンジンの性能を引き出す。信号待ちや渋滞でのアイドリング状態でも、MotoDXプラグは効果を発揮。アイドル燃費テストでも、一般プラグに比べ2.3%ガソリン消費量を抑えている。

また、ルテニウム配合中心電極と新素材を採用した外側電極により、同社従来品と比較しロングライフ(長寿命)化を実現している。

全8種類のラインアップで価格は2200円から2300円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブレイズスマートEV
  • LOOP POWER SHOT(ループパワーショット)80ml缶
  • 伝家の宝刀「スズキ カタナ」と、二刀流「ヤマハ ナイケン」を比較
  • Vストローム250/ABS
  • ヤマハSR400
  • 個人宅から北海道へのバイク輸送サービスをおこなうゼロ・プラスBHS
  • スズキ 隼(ハヤブサ)
  • スズキ カタナ 新型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/22/320426.html/article/2019/03/22/320425.html/article/2019/03/22/320427.html