実物大SLプラレールが走る?…京都鉄道博物館で60周年イベント

プラレール60周年SLスチーム号
プラレール60周年SLスチーム号全 19 枚写真をすべて見る

タカラトミーの鉄道玩具『プラレール』が発売から2019年で60周年を迎えた。京都市の京都鉄道博物館で3月23日、特別なSL「プラレール60周年SLスチーム号」が走行した。線路も青いレールで、まるで実物大のプラレールだ。

京都鉄道博物館では5月7日まで、プラレール60周年を記念して「おかげさまで60年まるごとプラレール展」が開催されている。3月23日から5月7日までは、プラレール60周年のオリジナルヘッドマークが取り付けられた特別なSL「プラレール60周年SLスチーム号」が走行する。

3月23日に地元の幼稚園児とその保護者を招待して、「プラレール60周年SLスチーム号」走行除幕式が開催された。式では、線路の一部にプラレールのレールを模した青いレールが敷かれ、実物大のプラレールが止まっているような光景だ。

プラレール60周年SLスチーム号SLスチーム号は、博物館構内の線路約500mを動態保存の蒸気機関車が客車を引いて往復するもの。これにオリジナルヘッドマークを取り付けのが「プラレール60周年SLスチーム号」だ。4車種が運用されており、走行開幕式には「C622」が登場した。

「スチーム号」の走行は11時00分~16時00分の間で、30~60分間隔。乗車には博物館入館料のほか乗車券が必要となる。大人(高校生以上):300円、子ども(3才~中学生):100円。博物館入館料は大人(一般):1200円、大学生・高校生:1000円、中学生・小学生:500円、幼児(3才以上):200円。博物館の最寄駅は3月16日のダイヤ改正から営業を開始したJR嵯峨野線梅小路京都西駅だ。

<取材協力:タカラトミー>

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/23/320454.html/article/2019/03/23/320453.html/article/2019/03/23/320455.html