NGK、2輪専用スパークプラグ MotoDX を宮城光と猛プッシュ…東京モーターサイクルショー2019

NGK(東京モーターサイクルショー2019)
NGK(東京モーターサイクルショー2019)全 3 枚写真をすべて見る

NGKスパークプラグの日本特殊陶業は、国内2輪車補修市場むけスパークプラグの新ブランド「NGK MotoDX」を猛プッシュ。初日は同社 松井徹 取締役、同社市販技術サービス部 鈴木徹志 部長、宮城光ライダーが登壇し、新開発 NGK MotoDX について解説した。

ことし4月中旬から発売される新設計「NGK MotoDX」は、スパークプラグに求められる始動性、加速性、耐久性、耐汚損性、燃費などを向上させた2輪車用スパークプラグ。

始動性・加速性・燃費の向上にむけて、新素材採用D-Shape外側電極の採用。スムーズな火炎の拡がりを実現させた。また、ロングライフ化にむけては、ルテニウム配合中心電極を採用することで、従来品よりも長寿命化を実現させた。

さらに、絶縁体先端部分のサーモクリアランス(中心電極と絶縁体の間隙)の拡大で、火花ギャップとは異なる部位で火花放電が発生する火花リークを防ぎ、優れた着火性能をキープしている。

NGK(東京モーターサイクルショー2019)NGK(東京モーターサイクルショー2019)

こうした2輪専用の新設計によって、30→80km/hの加速性能も更新。NGK MotoDX を250CC 2気筒 DOHCエンジンに組み入れることで0.2秒もアップするという。

また、同タイプのエンジンに NGK MotoDX を組み入れることで、燃費は2.3%アップするとも。アイドル消費燃料は、一般プラグの30.6ml/5minから、29.9ml/5minへと減るという。

NGK(東京モーターサイクルショー2019)NGK(東京モーターサイクルショー2019)

さらに耐久性は、NGKイリジウムIXプラグの3000~5000kmに対し、 NGK MotoDX は8000~10000kmを実現。ロングライフ化も大幅に進化させた。

2輪専用スパークプラグ NGK MotoDX に期待する宮城光ライダーは、NGKブースで「バイクのエンジンフィーリングにはスパークプラグが最も関わっている。MotoDXを組み入れたバイクに乗るのが楽しみ」と伝えていた。

《大野雅人》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  2. 岐阜県の貨物鉄道・西濃鉄道に改善指示…杜撰な保安取扱いや検査などが判明
  3. 宮崎県の日南線、9月27日から青島折返しに…9月21日には59分早発するミスも
  4. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  5. ホンダ シビック 「Si」新型、200馬力ターボに「タイプR」のテクノロジー…米国発表
  6. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  7. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  8. 日産『キャラバン』のガソリン車がビッグマイナー、アウトドア需要増で個人向け装備充実
  9. BMW 1シリーズ、180台限定の「インディビジュアルエディション」発売
  10. 【日産 キャラバン 新型試乗】ガソリン車が変わった!商用バンと思えぬ静粛性に驚く…諸星陽一
ランキングをもっと見る