コマツ、国内向けフォークリフトを4月1日より値上げ

コマツ バッテリー式フォークリフト
コマツ バッテリー式フォークリフト全 2 枚写真をすべて見る

コマツは、フォークリフトの国内販売価格を4月1日より、平均3.4%値上げすると発表した。

今回の値上げの要因は、鋼材など原材料の継続的な価格上昇。

ガソリンエンジン式2.5トンフォークリフト「FG25T-17」が292万円(旧価格282万円)、ディーゼルエンジン式4トンフォークリフト「FH40-2」が768万円(同760万円)、バッテリーカウンター式1.5トンフォークリフト「FB15-12」が330万円(同319万円)、バッテリーリーチ式1.5トンフォークリフト「B15RL-15」が297万円(同289万円)となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コマツ モーターグレーダー「GD405-7」
  • Vale社カラジャス鉄鉱山への導入1号機となる超大型無人ダンプトラック930E
  • コマツ PC18MR-5
  • コマツ バッテリー駆動式ミニショベル
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ