コマツ、国内向けフォークリフトを4月1日より値上げ

コマツ バッテリー式フォークリフト
コマツ バッテリー式フォークリフト全 2 枚

コマツは、フォークリフトの国内販売価格を4月1日より、平均3.4%値上げすると発表した。

今回の値上げの要因は、鋼材など原材料の継続的な価格上昇。

ガソリンエンジン式2.5トンフォークリフト「FG25T-17」が292万円(旧価格282万円)、ディーゼルエンジン式4トンフォークリフト「FH40-2」が768万円(同760万円)、バッテリーカウンター式1.5トンフォークリフト「FB15-12」が330万円(同319万円)、バッテリーリーチ式1.5トンフォークリフト「B15RL-15」が297万円(同289万円)となる。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ポルシェのEV『タイカン』がニュルで新記録、テスラ抜いた
  2. サンシェードでは車内温度の上昇を抑制できない!?【カーライフ 社会・経済学】
  3. 映画「ワイルド・スピード」のハンがやってきた! カーフェス『FUELFEST』が日本初開催
  4. レクサス『CT』が後継モデルへバトンタッチ!? SUV風で早ければ2023年登場か
  5. 高級ミニバン戦争が再加熱!? 『アルファード』次期型は2023年登場へ、進化する「キング・オブ・高級ミニバン」の姿とは
  6. ジャンボフェリー32年ぶりの新船「あおい」10月22日初就航、9月20日より先行予約開始
  7. 【マツダCX-60】7月末時点での受注が6400台に、ディーゼルモデルに人気
  8. 【日産 フェアレディZ 新型試乗】やっぱりZはイメージ通りの「デートカー」でした…竹岡圭
  9. 日産 スカイライン のインフィニティ版『Q50』、最強グレードは405馬力[詳細写真]
  10. レクサス GX の米2023年型が発表、「ブラックライン」も引き続き設定
ランキングをもっと見る