最も燃費の良い普通・小型乗用車は プリウス、軽自動車は アルト…国交省 2018年末現在

トワヨタ・プリウス
トワヨタ・プリウス全 8 枚写真をすべて見る

国土交通省が3月29日に発表した2018年末時点で販売されている乗用車のうち、最も燃費の良い乗用車は、普通・小型自動車ではトヨタ『プリウス』、軽自動車ではスズキ『アルト』とマツダ『キャロル』となった。

国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表している。今回、2018年末時点の「自動車燃費一覧」を新たに公表するとともに、燃費の良い乗用車ベスト10を公表した。

普通・小型自動車部門
1位:トヨタ・プリウス
2位:トヨタ・アクア
3位:日産ノート
3位:ホンダ・フィット
5位:ホンダ・グレイス
6位:トヨタ・ヴィッツ
6位:トヨタ・カローラアクシオ
6位:トヨタ・カローラフィールダー
6位:ホンダ・シャトル
10位:トヨタ・カローラスポーツ
10位:ホンダ・インサイト

スズキ・アルト軽自動車部門
1位:スズキ・アルト
1位:マツダ・キャロル
3位:スズキ・アルトラパン
4位:ダイハツ・ミライース
4位:ピクシスエポック
4位:スバル・プレオプラス
7位:スズキ・ワゴンR
7位:マツダ・フレア
9位:スズキ・ハスラー
9位:マツダ・フレアクロスオーバー

また、2020年度燃費基準の達成レベルが最も高い乗用車は、普通・小型自動車では達成率205%のプリウス、軽自動車では達成率150%のアルトとキャロルだった。

マツダ・デミオハイブリッド車を除く普通・小型車の燃費の良い乗用車トップはマツダ『デミオ』。2位がダイハツ『ブーン』、トヨタ『パッソ』だった。ハイブリッド車を除く輸入車のトップはメルセデスベンツ『E220dステーションワゴン』だった。

ダイハツ・ブーン

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/01/320793.html/article/2019/04/01/320792.html/article/2019/04/01/320794.html