公共交通事業者がバリアフリー化計画を策定するためのマニュアル 国交省が策定

公共交通事業者向けハード・ソフト取組計画策定マニュアルの概要
公共交通事業者向けハード・ソフト取組計画策定マニュアルの概要全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は3月29日、公共交通事業者のバリアフリー化を支援するため「公共交通事業者向けハード・ソフト取組計画策定マニュアル」を作成したと発表した。

2018年5月にバリアフリー法が改正され、公共交通事業者がバリアフリーに関するハード・ソフトに取り組む計画を作成・公表し、取り組み状況を報告・公表する制度が創設された。

今回、2019年4月1日に同制度が施行されるのにあたって、公共交通事業者が策定する計画内容の充実を図り、取り組みの強化を促進するため、計画策定に必要な項目・留意点・好事例をまとめた「公共交通事業者向けハード・ソフト取組計画策定マニュアル」を作成した。

国土交通省では、マニュアルによって施設整備、旅客支援、情報提供、教育訓練など、ハード・ソフト両面のバリアフリー化の措置が計画的に実施されることを期待するとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • 令和2年7月豪雨の被害(球磨郡、7月8日)
  • 総理大臣に就任した菅氏(9月14日)
  • 歩行空間ネットワークデータを活用して実現するサービスのイメージ
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ