コマツ、鉱山向け無人ダンプトラック運行システム専門組織を米国に新設

コマツの鉱山向け無人ダンプトラック運行システム
コマツの鉱山向け無人ダンプトラック運行システム全 1 枚写真をすべて見る

コマツは4月1日、鉱山向け無人ダンプトラック運行システム(AHS)を専門に扱う「AHS Center of Excellence(CoE)」を米国アリゾナ州に新設した。

新設したCoEでは、目まぐるしく変化する鉱山現場の自律走行に関わる環境にて、商品だけでなく、技術やサービスの専門人材を集約し、顧客ニーズに素早く対応。また、CoEではAHSに関わる戦略、生産計画、マーケティング、販売サポートや教育も実施していく。

コマツのAHSは、商用導入開始から今年で11周年を迎え、2018年度末時点で鉱石累計総運搬量は20億トンを達成。無人化を進めることで、鉱山現場の安全および生産性向上への貢献を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV