トライアンフ、世界限定車のスラクストンTFC、ボンネビル T120 エース/ダイアモンドエディションを発売

トライアンフ スラクストン TFC
トライアンフ スラクストン TFC全 6 枚写真をすべて見る

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、世界限定車となる「スラクストンTFC」(限定750台)、「ボンネビル T120 エース」(限定1400台)、 「ボンネビル T120 ダイアモンドエディション」(限定900台)を4月13日より発売する。

スラクストンTFCは、『スラクストンR』をベースに、トライアンフ自らカスタムを手がけた「トライアンフ・ファクトリー・カスタムシリーズ(TFC)」の第一弾。一台ずつハンドメイドされ、シリアルナンバーが備わる。1200cc並列2気筒エンジンの最高出力は、通常のThruxton Rから10ps向上し、107ps/8000rpmを発揮。最大トルクは3Nm向上して115Nm/4850rpm。カーボン製ボディパーツなどにより、スラクストン Rより5kg軽量化されている。ボディカラーはカーボンブラック。

ボンネビル T120エースは、カフェレーサー発祥の地であり、今もライダーの聖地であるロンドンの「Ace Cafe(エースカフェ)」とのコラボレーションモデル。『ボンネビルT120ブラック』をベースに、T120 エース専用色のマットストームグレイとストライプのAce Cafeペイントスキームのほか、専用のエースカフェ × ボンネビル T120グラフィックなどを採用。車両にはシリアルナンバーのほか、トライアンフCEOのニック・ブロアー氏とエースカフェ社長のマーク・ウィルズモア氏のサインが入った所有権証明書が付属する。エンジンはベース車と同じ1200cc水冷パラレルツインで、最高出力80ps、最大トルク105Nmを発揮。6速トランスミッションを搭載する。

ボンネビル T120 ダイアモンドエディションは、名車ボンネビル T120の誕生60周年を記念し、「ホワイト&シルバー」のユニオンジャックをモチーフにしたボディカラー(スノードニアホワイト)をまとった限定モデル。 1950年代に登場したサンダーバード以来となる「トライアンフ 4バーバッジ」エンブレムや、ポリッシュ仕上げのクロームメッキパーツなどを採用。こちらのエンジンもベース車と同じ1200cc水冷パラレルツインで、最高出力80ps、最大トルク105Nmを発揮。6速トランスミッションを搭載する。

価格は、スラクストンTFCが250万円、ボンネビル T120 エースが159万7900円、ボンネビル T120 ダイアモンドエディションが156万7500円。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マン・マシンが共用する服「Over」
  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)
  • チーム無限のマクギネス選手(マン島TT2019)
  • アーク・ベクター
  • 【トライアンフ ストリートトリプル RS 試乗】 レーサー直結のストリートファイター...サトウマキ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/04/320970.html/article/2019/04/04/320969.html/article/2019/04/04/320971.html