50年前の車でも補修部品には困らないボルボ…オートモビルカウンシル2019

ボルボP120アマゾン(オートモビルカウンシル2019)
ボルボP120アマゾン(オートモビルカウンシル2019)全 6 枚写真をすべて見る

オートモビルカウンシル2019でボルボ車を展示していたのは、ボルボ・カーズの正規代理店のひとつボルボ・クラシック・ガレージ。目玉は『P120アマゾン』。1956年から製造された車両で、展示車両は1961年からのモデルだ。

エンジンは初代の1.6リットルから1.8リットルにアップされ、75bhpと90bhpのモデルが存在する。前後席のシートベルト、フロントシールドのラミネート加工、前輪ディスクブレーキ採用など安全思想も当時から変わっていない。また、アマゾンというと、ボルボが最初にポンツーンボディを採用した車としても有名。2分割のフロントグリルとともに、もっともボルボらしいボルボとも言われている。

展示車両は、もともと京都在住のオーナーが90歳を期に免許返納したことで、同社がひきとったものだという。走行距離は約35万kmだという。オーナーが新車購入から車検を通しており、現在もナンバー付きの車両として走行可能だ。フロント外装は補修が入っているが、エンジン、トランスミッション、フロントフェンダー以降はすべてオリジナルの状態だ。

同社はボルボ・カーズの正規代理店として新車販売と中古車販売を行っているが、古いクルマのレストア、整備も長年手がけている。補修部品については、正規部品の他、海外サードパーティの部品、在庫品などをネットで検索できるので、展示のアマゾンのような車両でも部品にこまることはあまりないという。ボルボの場合、スチール系の部品はもとがしっかり作られているので、壊れることは少ない。

なお、オートモビルカウンシルは、クラシックカーやビンテージカーの展示を楽しむだけでなく、会場で展示車両などの購入ができるのも特徴のひとつだ。このブースでは、『240』、『940』などの中古車両も商品として展示されていた。同社によるメンテナンスとレストアがされている。

《中尾真二》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV