ボッシュ、建設車両向けデジタルソリューション発表へ…待機時間を減らして効率的に運用

ボッシュの建設車両向けデジタルソリューション
ボッシュの建設車両向けデジタルソリューション全 3 枚写真をすべて見る

ボッシュ(Bosch)は4月4日、ドイツ・ミュンヘンで4月8日に開幕する「バウマ2019」(国際建設機械・建設資材製造機械・建設用車両専門見本市)において、建設車両向けのデジタルソリューションを初公開すると発表した。

ボッシュは、建設車両向けのデジタルソリューションとして、ボッシュ「TRACI」を開発した。TRACIは、ショベルカーやダンプトラックなどの車両を、効率良く運用するためのソリューションだ。

TRACIは、ショベルカーやダンプトラックに後付けで装着することが可能。車両の稼働状態をモニターする。TRACIは、センサーボックス、クラウドベースのソフトウェア、各種デジタルサービスで構成。これにより、車両の待機時間や輸送時間を最小限に抑えることが可能になる。

車両にはTRACIタグを装着する。これは、車両の位置、動作状態、およびその他の多くのデータを収集するコンパクトなセンサーボックスだ。データは暗号化され、LoRaWANネットワークを通じて、ボッシュのIoTクラウドに送信され、復号化される。

その後、顧客はセンサーデータにアクセスする。これをソフトウェアシステムに取り入れて、物流のスケジュールや運用計画を立てることが可能だ。データは、スマートフォンのアプリやパソコンで見ることもできる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボッシュのEVなどの電動車のバッテリー寿命を延ばすためのクラウドサービスのイメージ
  • 2018年の業績発表と今後の事業方針について説明された
  • ボッシュ・グループ 年次記者会見 2019
  • CDR+ADASビジネス エコシステム
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/07/321063.html/article/2019/04/07/321062.html/article/2019/04/07/321064.html