ジャガー・ランドローバー世界販売5.8%減、ジャガーはEV効果で3.2%増 2018年度

ジャガー I-PACE
ジャガー I-PACE全 5 枚写真をすべて見る

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rove)は4月8日、2018年度(2018年4月~2019年3月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は57万8915台。前年度比は5.8%減と、マイナスに転じている。

全販売台数57万8915台のブランド別の内訳は、ジャガーが18万0198台を売り上げ、前年度比は3.2%のプラス。一方、ランドローバーは39万8717台にとどまり、前年度比は9.3%のマイナスだった。

2018年度の市場別の実績では、最量販市場の中国が、前年度比34.1%減と後退。SUVの販売が好調な北米は、8.1%増とプラスを維持した。欧州を除いたその他の海外市場でも、前年度比2.4%増と引き続き伸びる。

地元英国は、前年度比8.4%増とプラスに転じた。一方、欧州は前年度比4.5%減と引き続き減少した。ジャガー・ランドローバーによると、ディーゼル車に関する環境の変化や新燃費基準のWLTPなどが影響を与えているという。

車種別の2018年度実績では、ランドローバーは『レンジローバー ヴェラール』と、改良新型『レンジローバー』『レンジローバースポーツ』が牽引。ジャガーはEVの『I-PACE』やSUVの『E-PACE』などが貢献した、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・ランドローバーの自動運転テスト車
  • ランドローバー ディフェンダー 新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • ジャガーF-PACEとランドローバー・ディスカバリー(参考画像)
  • 「ラグビーワールドカップ2019日本大会」オフィシャルカーのデリバリーセレモニー。左端は、新たにランドローバーのブランドアンバサダーに就任したラグビー元日本代表の廣瀬俊朗氏
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/09/321149.html/article/2019/04/09/321148.html/article/2019/04/09/321150.html