ヤマハ発動機、軽二輪スクーター NMAX155 ABS のカラーリング変更へ

ヤマハ NMAX155 ABS(ビビッドパープリッシュブルーカクテル5)
ヤマハ NMAX155 ABS(ビビッドパープリッシュブルーカクテル5)全 16 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、軽二輪スクーター『NMAX155 ABS』のカラーリングを変更し、4月30日より発売する。

NMAX155 ABSは、MAXシリーズを象徴するブーメランをモチーフにしたサイドカバーで際立つスポーティなスタイリングのシティコミューター。高速道路も走行可能な水冷4ストローク単気筒 BLUE COREエンジンを搭載し、コンパクトボディながら、優れた走行性能を実現している。

新色は、洗練された大人の上質さを持つ「マットグレーメタリック3」と清潔感のある「ホワイトメタリック6」で、どちらもホイールなどのコンポーネントをブラックにすることで、より力強くアクティブなシティコミューターを表現した。「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5」を継続販売し、計3色のカラー展開とする。

価格は37万8000円。

ヤマハ NMAX155 ABS(マットグレーメタリック3)ヤマハ NMAX155 ABS(マットグレーメタリック3)

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW 5シリーズ 次期型デザインを大予想!発売はまだまだ先?
  2. 【トヨタ カローラクロス】購入者の9割がハイブリッドを選んだ!? その魅力を写真で見る[詳細画像]
  3. ポール・ウォーカーが『GRスープラ』をカスタムしたら?…3台限定 トムス×月刊誌Safari
  4. マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ
  5. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  6. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  7. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本限定モデル
  8. カウンタック史上初の「スパイダー」誕生なるか?
  9. 2022北米トラックオブザイヤー、トヨタと日産の新型が通過…第2次選考6車種
  10. ボルボカーズ、内装に本革を使わない…新型EV全車、C40リチャージ から
ランキングをもっと見る