昭文社、多言語対応2019年版地図ソフトをユピテル製ポータブルナビに提供

マップルナビ画面イメージ
マップルナビ画面イメージ全 7 枚写真をすべて見る

昭文社は、同社が開発する多言語対応2019年版カーナビ用ソフトウエア「マップルナビ Pro3」をユピテルが4月より順次発売するポータブルカーナビ5機種に提供すると発表した。

昭文社は今回、地図表示、音声案内、メニュー表示を4か国語に対応した「マップルナビ」を初めてポータブルカーナビゲーション向けに提供する。また、マップルナビ Pro3は、2019年最新地図データを収録。2019年3月に開通した新東名 厚木南IC~伊勢原JCTや新名神 新四日市JCT~亀山西ICといった新規開通道路や、東名 足柄スマートICや東北道 郡山中央スマートICなどの新規開設スマートIC情報を収録する。

多言語対応2019年版カーナビ用「マップルナビ Pro3」を提供するのは、ユピテルのYERAシリーズ「YPF7550ML」、MOGGYシリーズ「YPB735ML」「YPB745ML」「YPB555ML」「YPL525ML」の合計5機種となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • みんなのツーリングマップル
  • 「道の駅」ガイド、『まっぷる おいしい道の駅ドライブ』
  • ツーリングマップル電子書籍版(iPhone画面例)
  • 左:BNV-2現在地画面、右:ツーリングマップル誌面
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/10/321192.html/article/2019/04/10/321191.html/article/2019/04/10/321193.html