ドラレコなどを活用して輸送品質を向上、SGグループなど実証実験

360度カメラによる衝撃感知時の映像
360度カメラによる衝撃感知時の映像全 3 枚写真をすべて見る

SGホールディングスグループで引越輸送、設置輸送、特殊輸送を展開するSGムービングは4月9日、ユピテル、三井住友海上火災保険と共同で、輸送品質向上を目的とした実証実験を開始したと発表した。

実証実験は商品をより安全に輸送するため、輸送過程で貨物がどのような環境下にあるのかを記録・検証し、輸送品質の課題を見える化させることで合理的な改善につなげるのが目的。

今回の実証実験では、自動車用品製造販売メーカーのユピテルの主力商品であるドライブレコーダーの技術、三井住友海上のリスクコンサルティングチームが事故検証のために開発中のリアルタイム通信機能付きデータロガーシステムなどを活用し、各種センサーや動画撮影機能の付いた実験用の輸送家具を制作した。

実験用家具は、ドライブレコーダーに使用されている360度監視カメラを活用、衝撃が加わった際にどこで何が起きているのかを全方位動画で記録できる。データロガーに通信機能を加えたロガー通信BOXを設置することで、位置情報・衝撃数値・計測数値をリアルタイムに確認できる。

1回目の実験では、SGムービング営業所の倉庫で、通常の貨物と実験用家具を混在して出荷し、配達営業所に到着するまでの区間を検証した。検証では、社内には事前に情報を開示せずに実施することで、リアルな数値を収集した。この結果、振動が多く発生する高速道路の区間の割り出し、車速と衝撃値の相関関係、積み替え時における倉庫と荷台の段差による衝撃発生ポイントの抽出など、具体的な数値を収集できたとしている。

今後は、営業所間の輸送に加え、納品先までの輸送行程にも調査範囲を拡大して、ラストワンマイルの輸送における課題抽出に取り組む。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 奥入瀬渓流
  • 手荷物一時預かりの様子
  • IoT宅配ボックス設置イメージ
  • 貨客混載に使用される車両の例
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/10/321193.html/article/2019/04/10/321192.html/article/2019/04/10/321194.html