BMW、ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システムを日本市場導入へ

ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム(イメージ)
ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム(イメージ)全 3 枚写真をすべて見る

BMWは、国内モデルとしては初めて「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載した車両の開発を完了し、今夏以降に順次日本に導入する予定だと発表した。

ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能は、高速道路での渋滞時にドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する、自動運転レベル2(部分運転自動化)相当の運転支援システム。絶えず前方に注意するとともに、状況に応じて直ちにハンドルを操作できる状態にある場合、ステアリングから手を離して走行が可能となる。

同機能の搭載は、2019年夏以降に、『3シリーズ』、『8シリーズ』(クーペ、カブリオレ)、『X5』で実現し、対象モデルは順次拡大。同機能を搭載した車両の認可取得後、工場生産オプションまたはBMW正規ディーラーにて販売する車両アクセサリーとして提供する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV