ダイハツ、タント など22車種37万台をリコール リアブレーキのシュー/ドラム間自動調整機構に不具合

ダイハツ タント(2017年)
ダイハツ タント(2017年)全 2 枚写真をすべて見る

ダイハツは4月11日、『ムーヴ』など22車種について、リアブレーキのシュー/ドラム間自動調整機構(ストラットセット)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ダイハツ・ムーヴ、『キャスト』、『ミライース』、『タント』、『ウェイク』、『ムーヴキャンバス』、『ハイゼットキャディー』、『ハイゼットトラック』、『ブーン』、『トール』、トヨタ『ピクシスジョイ』、『ピクシスエポック』、『ピクシスメガ』、『ピクシストラック』、『パッソ』、『ルーミー』、『タンク』、スバル『ステラ』、『プレオプラス』、『シフォン』、『サンバートラック』、『ジャスティ』の22車種で、2016年11月2日から2017年6月1日に製造された37万7654台。

ストラットセット部品組立時のグリス塗布作業が不適切なため、アジャスタボルトのネジ面にグリスが塗布されていないものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ネジ面が錆びて固着し、自動調整機構が作動しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、アジャスタボルトを点検し、固着しているものは、ストラットセットを良品に交換する、固着していないものは、ネジ面を清掃し、グリスを塗布する。

改善箇所改善箇所

不具合は386件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

ダイハツ トールの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. BMW 3シリーズ 改良新型の内装をスクープ! 外観は高性能モデル「M340i」か?
  3. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  4. シボレー コルベットZ06 新型、最初の写真 実車は10月26日発表
  5. Z900RSの弟分、カワサキ『Z650RS』発売決定! 並列2気筒の新型レトロスポーツ
  6. ロールスロイス、新型EV発表へ…9月29日
  7. VW『タイグン』、新型コンパクトSUVをインドで発売
  8. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  9. レンタル専用キャンピングカー、いすゞ新型シャーシ採用…アソモビ2021でNTBが公開へ
  10. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
ランキングをもっと見る