熊本・俵山ルートの全線本復旧は2019年秋の見通し 熊本地震で被災

俵山トンネルルート(県道熊本高森線)の復旧状況
俵山トンネルルート(県道熊本高森線)の復旧状況全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は4月12日、熊本地震で被災した俵山トンネルルート(県道熊本高森線)について全線本復旧が2019年秋頃に完了すると発表した。

熊本地震で被災した俵山トンネルルート・熊本県阿蘇郡西原村小森~南阿蘇村河陰)は、大規模災害復興法に基づく代行事業として国土交通省が災害復旧を進めている。

2016年12月にトンネルと旧道を活用して全線の通行を再開し、2017年12月には鳥子地区、2018年7月には桑鶴大橋などが復旧した。

現在、残る2つの橋梁「大切畑大橋」、「俵山大橋」の復旧工事を進めているが、最終段階に入っており、今回工程を精査したところ2019年秋頃に完了する目処が立ったとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • バス
  • 常陸太田市での自動運転サービス実証実験
  • 新モビリティサービス推進事業で選定された「先行モデル事業」
  • イメージ
  • フェラーリ初のSUVとなる「プロサングエ」予想CG
  • ルノー 新型クロスオーバーSUV 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/15/321387.html/article/2019/04/15/321386.html/article/2019/04/15/321388.html