『サウンド調整術入門』クロスオーバー…サブウーファーとフロントスピーカーの間 その1

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
パワードサブウーファーの取り付け例。
パワードサブウーファーの取り付け例。 全 1 枚 拡大写真
現代カーオーディオに欠かせない“サウンド調整”について、そのあらましから実践方法までを解説している当コーナー。現在は「クロスオーバーの調整方法」を解説している。今回からは「サブウーファーとフロントスピーカー間」の調整の仕方を紹介していく。

なおここで展開する方法を実践するためには、“DSP”を導入すること、もしくは「サブウーファー出力」が備えられていて、フロントスピーカーとサブウーファー間の「クロスオーバー」調整機能が搭載されているメインユニットを使っていること、このどちらかが前提条件となる。

では、調整方法を説明していく。まずは、フロントスピーカーの“ハイパス(ローカット)”及び、サブウーファーの“ローパス(ハイカット)”の“カットオフ周波数”を決めることから始めよう。値はお好みでいいのだが、一般的に用いられるのは、“63Hz”あたり、もしくは“80Hz”あたり、このどちらかだろう。なお、ドアスピーカーが純正スピーカー等の能力が低めのモデルの場合には、多くを負担させると音が濁りがちとなるので、“カットオフ周波数”は高めに設定した方が良い。また、デッドニングが成されていない場合にはドア内部の鉄板が共振しやすくなっているので、その場合にも“カットオフ周波数”は高めに設定した方がベターだ(ともに“80Hz”くらいがおすすめだ)。

ちなみに、フロントスピーカー側もサブウーファー側も、“カットオフ周波数”の値は同様でOKだ。

続いては、“スロープ”を設定する。これについては取り敢えず、フロントスピーカー側もサブウーファー側も、“マイナス12dB/oct”に設定しておくと良いだろう。

で、その状態で一旦、“位相切替”を試してみよう。正相(ノーマル)/逆相(リバース)を切り替えてそれぞれで音楽を流し、サウンドにまとまり感があるかないかに注力して音を聴いてみる。そしてまとまり感が良好だと感じ取れた方にセットしよう。

切り替えたときの差が少なかった場合には、“どっちつかず”の状況になっていると判断できる。そのときにはどちらかの“スロープ”の値を変えてみてから再び“位相切替”を操作してみよう。そうすると状況が変わっているはずだ。そして切り替えた際の差が大きくなればしめたものだ。そうなっていたら、より良い方をセレクトしよう。

今回はここまでとさせていただく。この続きは次回にお届けする。お楽しみに♪

『サウンド調整術』入門! 第3章「クロスオーバー」の調整方法 その3 サブウーファーとFスピーカー間の調整方法 l

《太田祥三》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パワードサブウーファーの一例(クラリオン・SRV250)。
  • 「クロスオーバー」機能を活用すると、ドアスピーカーの音をスッキリさせることが可能となる。
  • 「クロスオーバー」機能を活用すると、ドアスピーカーの音をスッキリさせることが可能となる。
  • ダイヤトーン・DS-G500。当機に付属している「パッシブクロスオーバーネットワーク」は、バイアンプ接続に対応している。
  • GR HV Sportコンセプト 市販型予想CG
  • メルセデス AMG GT ブラックシリーズ 市販型(スクープ写真)
  • BMW X5M 新型スクープ写真
  • ホンダ フィット 次期型 予想CG

ピックアップ