ボルボカーズ、車両同士が互いに警告するコネクトを欧州全域で導入へ…クラウドに接続

滑りやすい道路に関する警告を行うボルボカーズの「スリッピーロードアラート」
滑りやすい道路に関する警告を行うボルボカーズの「スリッピーロードアラート」全 4 枚写真をすべて見る

ボルボカーズ(Volvo Cars)は4月15日、滑りやすい道路や危険について、車両同士が互いに警告するコネクトシステムを、2020年モデルから欧州全域で導入すると発表した。

滑りやすい道路に関する警告を行うのが、「スリッピーロードアラート」だ。前方を走行している車から路面情報を収集し、滑りやすい路面に近づいていることを警告する。道路上の危険について警告するのが、「ハザードライトアラート」。クラウドサービスに接続されている近くのすべてのボルボ車に信号を送り、事故を避けるためにドライバーに警告を発する。

ボルボカーズによると、今回の発表は自動車業界初のコネクテッドセーフティ技術によって可能になるもの。この技術によって、ボルボ車は互いに通信を行い、クラウドベースのネットワークを通じて近くの滑りやすい路面の状況や危険について、ドライバーに警告することができる。

ボルボカーズによる安全性調査では、実際の交通状況に合わせて速度を調整することで、事故のリスクを大幅に減らすことができるという。危険をあらかじめドライバーに警告し、時間に余裕を持って対応できるようにすることで、コネクテッドセーフティ技術は、ドライバーを支援し、交通安全を高めることができる。

ボルボカーズは、安全データをリアルタイムで共有する車両が増えれば増えるほど、道路の安全性は高まる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルボ XC90 T8 エクセレンス
  • ボルボカーズの新世代の小型車向けプラットホーム「CMA」
  • メルセデスベンツ GLA ボルボ XC40 アウディ Q2 VW Tクロス シトロエンC3エアクロス
  • ボルボ P1800 EV(仮)開発車両のスクープ写真
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ