青森県の弘南鉄道大鰐線が脱線事故で全線運休中…国土交通省が「警告」 4月14日発生

大鰐線の7000系電車。
大鰐線の7000系電車。全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省東北運輸局は4月16日、脱線事故を起こした青森県の弘南鉄道に対して警告を行なったことを明らかにした。

この事故は4月14日18時52分頃、大鰐駅(大鰐町)と中央弘前駅(弘前市)を結ぶ大鰐線で発生。中央弘前~弘高下間を走行中の2両編成の大鰐行き第34列車で、先頭車の第1台車1軸目が脱線した。

大鰐線では、東京急行電鉄(東急)から譲渡された6000系と7000系が運用されているが、脱線した車両は7000系で、原因は現在、国土交通省の運輸安全委員会で調査中だという。

弘南鉄道では4月15日に事故現場の復旧作業と大鰐線全線の安全確認を行なったが、運輸安全委員会の調査と安全確認が引き続き行なわれている関係上、4月16日も全線で運行を見合わせている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。
  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
  • 5両すべてが浸水した車両。
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。
  • 乗車券部分は、駅発売分が「武川から影森まで」、通信販売分が「影森から武川まで」で、地色も異なる。
  • 「台車モニタリング装置」の概要。
  • 2017年7月の九州北部豪雨で橋脚が倒壊した久大本線の花月川橋梁は、翌年には架け替えられて復旧したが、今回の豪雨で再び様子が気遣われる。

ピックアップ