名鉄が特別車の車内改札を省略へ---発売状況を確認できる車掌端末を導入 5月18日から

全車が特別車で運行されている名鉄の中部国際空港アクセス特急『ミュースカイ』。車掌端末は461台が導入され、座席発売状況の確認のほか、名鉄運行情報に表示される外国語表示の音声再生にも対応している。
全車が特別車で運行されている名鉄の中部国際空港アクセス特急『ミュースカイ』。車掌端末は461台が導入され、座席発売状況の確認のほか、名鉄運行情報に表示される外国語表示の音声再生にも対応している。全 2 枚写真をすべて見る

名古屋鉄道(名鉄)は4月17日、中部国際空港アクセス特急『ミュースカイ』、快速特急、特急の特別車で実施している改札業務を5月18日から原則省略すると発表した。

これは、特別車両券をインターネット上で発売する「名鉄ネット予約サービス」が5月18日に開始されることに伴なうもので、特別車の改札業務を担当する車掌に車掌端末を導入することで発券状況を確認できることから、指定された座席以外に着席している旅客や、特別車両券を所持していない旅客を除いて、改札業務を省略する。

「名鉄ネット予約サービス」はクレジットカード決済のみで、購入した特別車両券は駅での発券は不要になるが、利用時は購入情報を確認できるスマートフォンなどの端末、決済に利用したクレジットカードを携帯する必要がある。

また、このサービスの導入により「回数特別車両券」と「時差・土休回数ミューチケット」が5月17日限りで発売終了となる。

5月18日5時10分からサービスが開始される「名鉄ネット予約サービス」の画面イメージ。座席の選択が可能で、購入後は2回まで変更が可能(駅購入は1回)。発売は乗車日の1か月前からで、発売時間は5時10分から翌0時15分まで。利用列車の発車1分前まで購入可能。日英の2か国語に対応し、会員登録なしでも利用できる。5月18日5時10分からサービスが開始される「名鉄ネット予約サービス」の画面イメージ。座席の選択が可能で、購入後は2回まで変更が可能(駅購入は1回)。発売は乗車日の1か月前からで、発売時間は5時10分から翌0時15分まで。利用列車の発車1分前まで購入可能。日英の2か国語に対応し、会員登録なしでも利用できる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
  4. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  5. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  6. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  7. 自然と共に過ごす英国文化が生きるジャガー『F-PACE』。プロサーファー視点から見えた魅力とは?PR
  8. 北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種
  9. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る