OGKカブト、インナーサンシェイド付フルフェイス『カムイ-3』発売へ…赤外線をカットするクリアシールドを世界初採用

赤外線をカットするシールドを世界初採用したインナーサンシェード付フルフェイスモデル「カムイ-3」
赤外線をカットするシールドを世界初採用したインナーサンシェード付フルフェイスモデル「カムイ-3」全 5 枚写真をすべて見る

OGKカブトは、インナーサンシェード付フルフェイスヘルメットの新製品『カムイ-3』を2019年5月下旬より発売する。

カムイ-3は、同じく格納式インナーサンシェードを装備したフルフェイスヘルメット『カムイ-2』の後継モデル。今回の新製品は、オートバイ用ヘルメットのシールドとしては世界で初めて、従来の紫外線(UV)99%カットに加えて、赤外線(IR)74%カット素材を使用したクリアシールド「CF-1W UICシールド(UICクリア)」を標準装着。日射熱によるヘルメット内部の温度上昇を抑制し、ヘルメット内部への熱伝導を低減する。

また、照り返しや日差しが強いシーンで威力を発揮するインナーサンシェードも新設計となり、大型化によって遮光性を大幅に向上。視認性を向上させ、目の疲れを軽減する。

また、スムーズな脱着とフィット感を両立する新設計の内装や、インカムの装着を考慮した専用取付スペースを採用するなど、走りが心地よくなるための新機能を採用した。   

外観デザインはスタイリッシュかつコンパクトで、シェル後部には走行中に発生する帽体付近の気流をコントロールし、ライダーへの負荷を軽減するカブト独自の特許システム「ウェイクスタビライザー」を搭載。走行時のブレを抑え、後方確認時のスムーズな首振りに貢献する。

また、操作しやすいベンチレーション機能を計4カ所に設けたほか、シールドの曇り除去のために、シールド裏面への吹き出し面積を拡大した新設計のブレスガードを採用。内装には、全て取り外して洗えるほか、優れた水分調整機能を発揮するCOOLMAXを採用した。

カラーは、パールホワイト、ブラックメタリック、フラットブラック、シャイニーレッド、クールガンメタの5色。サイズは大小2種類のシェルにより、XS/S/MとL/XLの5種類を設定する。

価格(税別)は2万9000円。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブレイズスマートEV
  • LOOP POWER SHOT(ループパワーショット)80ml缶
  • 伝家の宝刀「スズキ カタナ」と、二刀流「ヤマハ ナイケン」を比較
  • Vストローム250/ABS
  • ヤマハSR400
  • 個人宅から北海道へのバイク輸送サービスをおこなうゼロ・プラスBHS
  • スズキ 隼(ハヤブサ)
  • スズキ カタナ 新型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/18/321520.html/article/2019/04/18/321519.html/article/2019/04/18/321521.html