ヤンマーのショベルローダ、作動油が漏れるおそれ リコール

不具合箇所
不具合箇所全 1 枚写真をすべて見る

ヤンマー建機は4月17日、ショベルローダ「V1-1A」など3機種について、流体動力伝動部(油圧継手)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ヤンマー「V1-1A」、コマツ「WA10-1」「WA10-6」の3機種で2007年3月9日から2018年12月8日に製造された417台。

ショベルローダの流体動力伝動部にて、HSTポンプとモータを結ぶ油圧ホース接続継手の形状が不適切なため、継手の強度が不足しているものがある。そのため、作業中の負荷や頻度によって継手に亀裂が生じ、作動油が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、継手を対策品に交換する。

不具合は19件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 地域に設置した「とびだしとび太」ヤンマーミュージアムバージョン
  • MIRAI用燃料電池ユニットをベースにした船舶用水素燃料電池システム
  • ヤンマー X47エクスプレスクルーザー
  • フィッシングボート EX28C
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV