VWグループが新組織「ONE R&D」、電動化などの研究開発能力を強化…上海モーターショー2019

フォルクスワーゲンの電動SUVコンセプト、ID. ROOMZZ(上海モーターショー2019)
フォルクスワーゲンの電動SUVコンセプト、ID. ROOMZZ(上海モーターショー2019)全 3 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、「ONE R&D」と呼ばれる新しい組織を立ち上げ、フォルクスワーゲン乗用車ブランドやアウディの研究開発能力をさらに強化すると発表した。

今回の発表は、電動化を含む将来のテクノロジーに関する研究開発能力の強化に向けて、フォルクスワーゲングループの研究開発活動を、ONE R&Dと呼ばれる新しい組織体制の下で集約させるのが狙いだ。

新しいONE R&D組織体制の元で、フォルクスワーゲングループは、アウディ、グループR&Dなどと協力して作業を行うことで、研究開発能力のさらなる強化を推進していく。

また、フォルクスワーゲングループは、コネクティビティ、エネルギー効率、安全性、快適性といった先進テクノロジーに対する顧客のニーズに、2019年に発売を予定している全グループブランドのニューモデルによって応えていく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 天津に開発拠点を持つデンソーとトヨタが共同で開発した「PM2.5除去システム付オートエアコン」
  • 上海モーターショーに出展したフォルシア
  • リンカーン ナビゲーター(上海モーターショー2019)
  • ホンダ アヴァンシア(上海モーターショー2019)
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型
  • BMW iNEXT/i5 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/19/321575.html/article/2019/04/19/321574.html/article/2019/04/19/321576.html