住友商事、米国で自動運転建機のレンタル事業化に向けてスタートアップと提携

ビルトロボットの装置を取り付けた自動建機
ビルトロボットの装置を取り付けた自動建機全 2 枚写真をすべて見る

住友商事は4月25日、米州住友商事傘下の大手建機レンタル会社サンステートエクイップメントを通じて、建機の自動化装置を開発するスタートアップのビルトロボティクス(BR)と自動化建機レンタル事業で覚書を締結した。

覚書の締結でサンステートとBRは、2020年中を目途に、BRの自動化装置を取り付けた建機を、サンステートの特定顧客に対してレンタル商品として提供するサービスを開始する計画。

BRは、無人で掘削・積込・運搬などの作業を行う「建機の自動操業」を目指して、後付け型の自動化装置を開発するスタートアップ。多くの労働者や車両が作業する建設現場に導入できるよう、作業員、障害物、その他の車両を検知し、衝突を回避し、緊急時には遠隔操作で停止する機能、設定区域内でのみ稼働する機能などを搭載して安心・安全な自動化を目指している。

住友商事グループは、これまで培った事業にデジタルテクノロジーを掛け合わせて既存ビジネスの高度化、新規ビジネス創出、ビジネスモデル変革を図るデジタルトランスフォーメーションを推進している。今回の取り組みのこの一環。今後も革新的な技術を保有するスタートアップへの投資、企業が保有する技術の活用を通じて、社会のニーズの変化や抱える課題解決に取り組む方針。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • RAC社のEVバス
  • EQUIOPPO提供図表
  • UL Japan
  • 浅間技研工業のWEBサイト
  • ルノー エスパス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA45 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズEV(i7)開発車両スクープ写真
  • アウディ Q5 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/26/321809.html/article/2019/04/26/321808.html/article/2019/04/26/321810.html