5200台のバイクが大集合! 愛車でサーキットクルージングも…BIKE! BIKE! BIKE! 2019

サーキットクルージング(BIKE! BIKE! BIKE! 2019)
サーキットクルージング(BIKE! BIKE! BIKE! 2019)全 32 枚写真をすべて見る

ゴールデンウィーク初日の4月27日、鈴鹿サーキットを舞台にした参加型バイクイベント「BIKE! BIKE! BIKE! 2019」が開催された。

同イベントが最初に開催されたのは2012年で、今年は8回目。2014年から国際レーシングコースを参加者自身のバイクで走行できる「サーキットクルージング」を始めると、ベテランからビギナーまで気軽に参加できるイベントとして人気を集め、年を経るごとに参加者が増加。今年は5500枚の前売チケットが完売、参加台数は5200台にのぼった。

サーキットクルージングは、一回につき250台がグランドスタンド前に隊列を組んでスタートし、鈴鹿サーキットのフルコース(約6km)を2周するもの。最高速度は70km/hまでなので、ちょうど一般道をマスツーリングする感覚に近い。これを15分間隔で、途中お昼に1時間の休憩をはさみ、17時まで繰り返し行う。そして最後に排気量125cc以下のバイクを含めて40km/h以下でフィナーレパレードを行うというものだ。

当日はゲートオープンの6時半から参加者のバイクが続々と集まり、8時過ぎにはパドック駐車場を埋め尽くすほどに。バイクはスーパースポーツからクルーザーまで新旧さまざま。ちなみに参加できる車両は、公道走行が可能なナンバー付バイクで、タンデム走行も可能だ。

サーキットクルージング(BIKE! BIKE! BIKE! 2019)サーキットクルージング(BIKE! BIKE! BIKE! 2019)

京都から参加した女性ライダーの鈴木さんは、バイクに長年憧れ続けて4年前、ついに大型二輪免許を取得。去年に続いて友人と一緒に愛車のヤマハ『YZF-R1』で参加した。「サーキットを気軽に楽しめる貴重な機会で、今年も楽しみにしていました」。

ホームストレートでスタートを待っていた今井さんの愛車は、USカワサキが1978年と79年に限定販売した『Z1-R ターボ』のフルカスタム車。今回はネットでたまたまイベントのことを知り、東京から自走で参加したという。

サーキットクルージング(BIKE! BIKE! BIKE! 2019)サーキットクルージング(BIKE! BIKE! BIKE! 2019)

イベントの終盤、フィナーレパレードの開始を待っていたのは、ホンダの『モトコンポ』で参加した谷本さんと友人のMさん。125cc以下(モトコンポは50cc)なのでフィナーレパレードしか走行できないが、このためだけに広島からクルマ(ホンダ『シティ』ではないとのこと)にモトコンポを積んでやってきたという。黄色と赤の2台のモトコンポは、マーシャルの合図と共に、エンジン音を元気いっぱいに響かせて夕闇迫るコースに飛び出していった。

《丹羽圭@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ポール・ウォーカーに捧げる特別な『GRスープラ』3台限定で発売…トムス×月刊誌Safari
  2. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  3. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  4. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  5. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本限定モデル
  6. マセラティ MC20 日本上陸、鈴鹿サーキットでシェイクダウン
  7. ボルボカーズ、内装に本革を使わない…新型EV全車、C40リチャージ から
  8. 日本再上陸のオペル いつから買えていつから乗れるの?
  9. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  10. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
ランキングをもっと見る