MINI史上最強の「JCW GP」、コックピットを激写…レーシーな専用メーター採用か

MINI JCW GP スクープ写真
MINI JCW GP スクープ写真全 21 枚写真をすべて見る

MINIが3000台の限定モデルとして、発売を予定している最強・最速モデル『JCW GP(ジョンクーパーワークスGP)』市販型のコックピットを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。黒×赤のカモフラージュでも隠しきれない、迫力のエアロパーツにも注目だ。

中央のデジタルディスプレイや、操作ダイヤル、ギアシフターなどに特別変化は見られないが、ステアリングホイールの奥に設置されるインストルメントクラスタに大きな変化が見られそうだ。布がかけられ、全貌は確認できないが、丸みのあるコンパクトなスクリーンに置き換えられている。

情報によると、レーシーで「JCW GP」のみに与えられる専用のクラスタを装備している可能性があるようだ。さらにアルカンターラ製のスポーツ用バケットシートも見てとれる。過激なエクステリアと合わせて、プレミアム感が一層引き立つモデルとなりそうだ。

足回りにはよりハードに設定されるサスペンション、パフォーマンスタイヤ、ブレーキシステムを搭載。予想されるパワートレインは、BMW『X2 M35i』から流用される2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力はベースとなるJCWの231psから70ps以上アップする302psだ。

ワールドプレミアは、9月のフランクフルトモーターショーが有力と見られる。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/30/321911.html/article/2019/04/30/321910.html/article/2019/04/30/321912.html