トヨタ ヴェルファイア、標準デザインで中国初上陸…上海モーターショー2019[詳細画像]

トヨタ ヴェルファイア(上海モーターショー2019)
トヨタ ヴェルファイア(上海モーターショー2019)全 15 枚写真をすべて見る

レクサス初のミニバン『LM』が話題となった上海モーターショー2019だが、そのベースである『アルファード/ヴェルファイア』にもひっそりと(?)ニュースがあった。トヨタが市場の要望に応える形で、『ヴェルファイア』の中国導入を発表したのだ。

アルファードは現行モデルがすでに販売されていたが、ヴァルファイアは未導入だった。高級ミニバン需要の高まりから、よりデザインの押し出し感が強いヴェルファイアを望む声は多く、これにトヨタが応えた。外観は日本仕様でいう「標準グレード」がベースとなっている。日本では主力となっているエアロボディの「Zグレード」に見慣れた身からすると、標準デザインは新鮮に映る。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/02/321942.html/article/2019/05/02/321941.html/article/2019/05/02/321943.html