ルノー旗艦SUV「コレオス」改良新型、2019年内にもデビューへ

ルノー コレオス 改良新型 スクープ写真
ルノー コレオス 改良新型 スクープ写真全 20 枚写真をすべて見る

ルノーのフラッグシップ・クロスオーバーSUV『コレオス』改良新型プロトタイプを、これまでで最も鮮明にカメラが捉えた。

コレオスは、日産が開発の柱となり2008年に初代が誕生。アーキテクチャには、『デュアリス』や『エクストレイル』と同じ「Cプラットフォーム」を採用したほか、パワートレインには日産と共同開発した2.0リットルのディーゼルエンジンも搭載するなど、日産の多数の技術が投入されていた。

捉えた最新のプロトタイプは、新ヘッドライトのグラフィックの一部や、テールライトの一部が見えたきたものの、フロントエンドなどまだディテールが隠されている。しかし、同ブランドが近年のデザインアイコンとする、「サイクル・オブ・ライフ」を継承し、L字型LEDデイタイムランニングライトがヘッドライトの下に配置されるだろう。

パワートレインは、最高出力130psを発揮する1.6リットルディーゼルエンジンや、最高出力150psを発揮する1.7リットルの「Blue dCi 150」ディーゼルエンジンがラインアップされる。またルノー日産三菱アライアンスとダイムラーと共同開発した新型直噴1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン「1.3 TCe」の搭載が予想されている。

ルノー コレオス 改良新型 スクープ写真ルノー コレオス 改良新型 スクープ写真

ワールドプレミアは、最短で2019年夏。遅くとも年内には登場するはずだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

ルノー コレオス 改良新型 スクープ写真ルノー コレオス 改良新型 スクープ写真

《Spyder7編集部》

【画像】ルノー旗艦SUV「コレオス」改良新型、2019年内にもデビューへ(20枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  2. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  3. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  4. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  5. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  6. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  7. GT-Rを生んだプリンス自動車をご存知ですか?
  8. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  9. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  10. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
ランキングをもっと見る