BIKE BIKEアクティブフェスティバル、ストライダーのキッズアクティビティが集結 6月8-9日

ストライダーエンジョイカップ
ストライダーエンジョイカップ全 10 枚写真をすべて見る

ツインリンクもてぎは、「2019 FIMトライアル世界選手権 第2戦 ストライダー 日本グランプリ」期間中の6月8・9日、バイク好きや家族が楽しめる「BIKE BIKE アクティブフェスティバル」を開催。その中でランニングバイク「ストライダー」を使ったアクティビティを行う。

トライアル世界選手権はアジアで唯一、ツインリンクもてぎでのみ開催されており、豊かな自然のなかで森林浴をしながら、間近に迫るダイナミックなバイクの迫力を楽しむことができる。BIKE BIKE アクティブフェスティバルでは、このトライアル世界選手権を核に、家族で楽しめるさまざまなコンテンツを用意する。

ストライダーを使ったアクティビティでは、2歳~5歳の子どもが参加できる「ストライダーエンジョイカップ」をはじめ、障害物を乗り越えるなどの体験試乗が楽しめる「ストライダーアドベンチャーゾーン」を開催。さらに、昨年発売した着脱式ペダルユニットを搭載した「ストライダー14×」を使った自転車教室など、子どもがカラダ全体を使って楽しめるイベントに加え、日本で初開催となるストライダー14×の競技「ストライダー14×アドベンチャークロス」を開催する。

さらに土曜日の夜には家族でキャンプや車中泊を楽しめるエリアが場内に登場。ツインリンクもてぎにこの春登場した新アトラクション「巨大ネットの森 SUMIKA」と合わせて、2日間を満喫できる週末となる。

前売チケットは、トライアル世界選手権(2日間)、モビパークパスポート(1日)、オーバーナイトスクエア(土曜日)、MotoGPサーキットラン(土曜日)、すべてが付いて高校生以上4200円、中学生3800円、小学生3200円、3歳から未就学児1700円で発売中。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/05/321985.html/article/2019/05/05/321984.html/article/2019/05/05/321986.html