シボレー カマロ に2020年型、表情変化…今秋米国発売へ

シボレー・カマロ の2020年モデル
シボレー・カマロ の2020年モデル全 3 枚写真をすべて見る

GMのシボレーブランドは、『カマロ』(Chevrolet Camaro)の2020年モデルを今秋、米国市場で発売すると発表した。

現行カマロは2017年、日本市場にも導入された。ダウンサイズの2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載するのが特徴。この2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力279ps、最大トルク40.8kgmを発生。日本では、「LT RS」(クーペ)と「コンバーチブル」に搭載されている。

今回シボレーは、米国でカマロの2020年モデルを発表した。「SS」と「LT1」グレードが対象となり、フロントグリルやヘッドライト、バンパーのデザインが見直され、表情が変化した。シボレーによると、SSのフロントマスクは、2018年秋のSEMAショーで初公開したカマロのコンセプトカーをモチーフにしているという。

また、SSとLT1には、6速MTを標準装備する。2020年モデルでは、10速ATが選択可能になった点が新しい。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • シボレー・カマロ
  • シボレー・カマロ2020年モデル(東京オートサロン2020)
  • 新型シボレー・コルベット
  • シボレー カマロ SS スタイリングスポーツエディション
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ