グーグルアシスタント、ドライブ中は「ハンズフリー」…2019年夏から利用可能

グーグルアシスタントのドライビングモード
グーグルアシスタントのドライビングモード全 3 枚写真をすべて見る

グーグル(Google)は5月7日、米国で開幕した開発者カンファレンス「Google I/O 2019」において、「グーグルアシスタント」(Google Assistant)に新機能として、ドライビングモードを採用すると発表した。

この新機能を利用すれば、ドライバーは運転中でも、Androidスマートフォンに搭載されているグーグルアシスタントを、ハンズフリーで操作することが可能になる。

ドライビングモードでは、ドライバーが運転中に必要な操作を音声で行える。例えば、ナビゲーション、メール、通話、オーディオなど。システムを起動するには、スマートフォンに向かって、「Hey Google, let’s drive」と呼びかければいい。

なおドライビングモードは、グーグルアシスタントを搭載したAndroidスマートフォンで、2019年夏から利用できるようになる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノー・ゾエ がベースの自動運転EV(参考画像)
  • ボルボ XC40 のEVのインフォテインメントシステムに車載化されるグーグル「アンドロイド」
  • グーグル/ウェイモの自動運転実験車
  • GoogleアシスタントではJR東日本とJR北海道の新幹線空席照会が可能。対象はグランクラスを含むすべての座席。写真は東北新幹線『はやぶさ』のグリーン車。
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/09/322129.html/article/2019/05/09/322128.html/article/2019/05/09/322130.html