スバル レヴォーグ 次期型、ボディ拡大は必至か…東京モーターショーで発表の可能性

スバル レヴォーグ 次期型のボディ拡大は必至か。画像は予想CG
スバル レヴォーグ 次期型のボディ拡大は必至か。画像は予想CG全 6 枚写真をすべて見る

スバルのスポーツワゴン『レヴォーグ』次期型に関する最新情報を入手した。

『レガシィツーリングワゴン』に代わって2014年にデビューした現行レヴォーグは、当初は日本専用モデルとして大々的にアピール。日本の道路事情を考慮し、レガシィツーリングワゴンより全長・ホイールベースを100mm短縮。大型化したレガシィに代わる主力モデルとなった。

次期型のプラットフォームには、『インプレッサ』から流用される「SGP」(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用し、全長4730mm×全幅1800mm×全高1480mm、ホイールベースが2700mm程度に拡大される可能性が高いようだ(現行モデルは、全長4690mm×全幅1780mm×全高1490~1500mm、ホイールベース2650mm)。特に全幅アップとなった場合、市場がどう反応するかに注目だ。

デザインは、2018年3月のジュネーブモーターショーで初公開された『ヴィジヴ・ツアラーコンセプト』からインスパイアされたものとなるだろう。全体的に現在のスバルデザインの基本である、DYNAMIC/SOLIDを継承。サイドは新たなキャラクターラインと張り出したフェンダーラインで迫力と躍動感を表現する。フロントは、ヘキサゴングリルから繋がるイメージのライトデザインと、アンダー部分を前面に出した迫力あるサイドグリルデザインが予想される。

スバルは、2019年に新開発のダウンサイジングターボを投入することを発表しており、このレヴォーグ次期型に初めて設定される可能性が高い。現行モデルの1.6リットルDITに代わり、新開発1.5リットルターボエンジンを、2.0リットルDITに代わり新開発1.8リットルターボエンジンを、フラッグシップには最高出力280psを発揮する2.4リットル水平対向4気筒DOHCターボエンジンがラインアップされるだろう。

また最新情報では、2.0リットル水平対向4気筒エンジン+「e-BOXER」ハイブリッドモデルの設定も噂される。

ワールドプレミアは10月の東京モーターショー2019が有力で、年内には発売となりそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 左からWRX STI、レヴォーグ STIスポーツ、BRZ STIスポーツ
  • スバル・レヴォーグ(欧州仕様)
  • レヴォーグ 特別仕様車 1.6GT-S EyeSight Advantage Line
  • スバル・レヴォーグ欧州仕様(ジュネーブモーターショー2019)
  • BMW 5シリーズセダン 改良新型(スクープ写真)
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/10/322148.html/article/2019/05/10/322147.html/article/2019/05/10/322149.html