ホンダ シャトル 改良新型、より上質感を求めて 177万5520円から

ホンダ・シャトル改良新型
ホンダ・シャトル改良新型全 13 枚写真をすべて見る

ホンダは10日、『シャトル』の内外装デザインを刷新し、発売する。シャトルは実用性とデザインが評価されているコンパクトステーションワゴンだ。

5ナンバーサイズの扱いやすいボディ、燃費性能、センタータンクレイアウトが実現した多彩なシートアレンジ、広い室内空間が特徴となっている。レバーを引くだけの操作で後席を折りたたむと、最長184cmのフラットな荷室空間を得られる。

今回のマイナーチェンジでは、上質感を求めて内外装デザインを刷新した。防音材を見直し、静粛性を向上した。安全運転支援システム「ホンダセンシング」にはオートハイビームを追加した。

パワートレインは、1.5リットル・アトキンソンDOHC i-VTEC+i-DCDのハイブリッドと、1.5リットル直噴DOHC i-VTECエンジンの2種類。

ラインナップは、ハイブリッドが「ハイブリッド・ホンダセンシング」、「ハイブリッドX・ホンダセンシング」、「ハイブリッドZ・ホンダセンシング」、ガソリンが「G・ホンダセンシング」の都合4タイプに、それぞれFFと4WDの駆動方式が設定されている。

価格(税込)はG・ホンダセンシング/FFの177万5520円からハイブリッドZ・ホンダセンシング/4WDの272万1600円まで。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/10/322155.html/article/2019/05/10/322154.html/article/2019/05/10/322156.html