CARTIVATOR、SkyDriveと豊田市が「空飛ぶクルマ」の開発で連携協定

CARTIVATOR 共同代表・ SkyDrive代表取締役の福澤知浩氏、 右:豊田市の太田稔彦市長
CARTIVATOR 共同代表・ SkyDrive代表取締役の福澤知浩氏、 右:豊田市の太田稔彦市長全 1 枚写真をすべて見る

CARTIVATORとSkyDriveは5月9日、豊田市と「新産業創出へ向けた『空飛ぶクルマ』開発に関する連携協定を締結したと発表した。

協定は「空飛ぶクルマ」の産業化の実現に向けて取り組むことを目的として締結したもの。トヨタ自動車の本社・工場やサプライヤーがあることから、ものづくり人材・企業の集積地である豊田市で、「空飛ぶクルマ」の研究開発を推進し、社会実装に向けた実証実験を実施する。

協定によって3者が連携を強化して、豊田市で「空飛ぶクルマ」の産業化に向けて取り組みを本格化する。

CARTIVATORとSkyDriveは豊田市が用意する実証フィールドを活用して「空飛ぶクルマ」の機体開発、実証実験を進め、2020年の有人デモフライト、その後の事業化を見据えた活動を加速する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • オートバックス・ドローン・アンバサダーに就任した山本昌氏
  • GPSのみでは着陸位置誤差が146cmのところ、センチメータ級測位補強サービスで位置補正すると誤差は11cmだった。
  • Yamaha Motor Smart Agriculture Platform(YSAP)のサービス全体イメージ
  • ゴール前イメージ
  • スマート EQフォーフォー 改良新型スクープ写真
  • BMW 5シリーズセダン 改良新型(スクープ写真)
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/10/322159.html/article/2019/05/10/322158.html/article/2019/05/10/322160.html