【三菱 パジェロスポーツ 海外試乗】トライトンベースの「フレーム付き」だからこその信頼性…諸星陽一

三菱 パジェロスポーツ
三菱 パジェロスポーツ全 6 枚写真をすべて見る

3月下旬にタイのバンコク近郊で開催されたバンコクモーターショーの会場近に設営された特別コースにて、日本には未導入のSUV『パジェロスポーツ』に試乗できた。

パジェロスポーツはピックアップトラックの『トライトン』をベースとしたモデル。タイではこうしたピックアップトラックベースのフルキャビンのクルマをSUVという呼び方をしている。タイなど東南アジアでは、モノコックのSUVよりもフレーム付きのSUVのほうが好まれる。それは、今でも未舗装の悪路が多く、存在しているから。

とくに郊外や山岳部ではそうした傾向が高く、クルマもヘビーデューティなものが好まれる。言ってみれば基本はピックアップトラックで、その上に存在するのがパジェロスポーツのようなSUVだ。

ピックアップトラックがもっともベーシックなモデルとして存在、その使い勝手をよくするために荷台部分にシェルや幌を装着。そしてその使い勝手や走破性はそのままに、居住性や快適性を向上したモデルがSUVというわけだ。

試乗したパジェロスポーツは2.4リットルのディーゼルエンジンを搭載するモデルで、そのトルク感は十分。駆動方式はスーパーセレクト4WD。この4WDはデフォルトポジションがフルタイム4WDで、良好な燃費を確保しながらしっかりしたトルク伝達を示す。

試乗コースにはスラロームやダブルレーンチェンジが含まれていたが、それを上手にこなす。車高がある程度高いのでロールは大きいが、ロールそのものに不安感はない。大きくロールしてもクルマの動きはドライバーの手の内にある感覚だ。

少し乗り心地に荒さがあるが、ベースとなったトライトンがリヤサスまわりのチューニングを変更し、乗り心地などを向上しているので、このあたりもいずれ解決され、より磨きのかかったクルマとなることだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:日本未発売

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。

《諸星陽一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱ショーグン(パジェロ)の最終モデルと初代三菱 ショーグン
  • パジェロ ファンミーティング
  • 1983年:初参戦、市販車無改造クラス優勝
  • ショート(2006年10月)
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 RS スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/11/322198.html/article/2019/05/11/322197.html/article/2019/05/11/322199.html