レクサス LC に艶消しオレンジ、夕焼けの太陽がモチーフ…プロトタイプ発表

レクサスLC500hマットプロトタイプ
レクサスLC500hマットプロトタイプ全 12 枚写真をすべて見る

レクサスは5月9日、『LC500hマットプロトタイプ』(Lexus LC 500h Matte Prototype)を発表した。実車は、スペインで開催されるバルセロナモーターショー2019で初公開される。

同車は、レクサスの最上級クーペ、LCのハイブリッド、「LC500h」をベースに開発されたプロトタイプ車だ。そのハイライトは、マットオレンジのボディカラーにある。

このボディカラーは、「スペースオレンジ」と命名された。レクサスによると、澄んだ夕焼けの中に見える太陽のオレンジ色の色調に触発されたカラーという。艶消しのオレンジを引き立てるために、21インチのセミマットブラックホイールとカーボンファイバールーフ、アクティブリアスポイラーが装着された。

インテリアは、インストルメントパネル、ステアリングホイール、ドアなどにオレンジをアクセントとして使用した。ハイブリッドパワートレインは、3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンにモーターの組み合わせ。欧州仕様の場合、システム全体で354hpのパワーを獲得している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/12/322207.html/article/2019/05/12/322206.html/article/2019/05/12/322208.html